陶芸 前期 器制作【13期 作品】

玉づくりとひもづくりなどの手びねりのの技法を用いての器制作です。
日常生活の中で当たり前のように使う器を自分でデザインし、形にしていきますが、サイズ感や重さ、口当たりなど、
様々な使いやすさという点を考慮しながらオリジナリティを出していきました

陶芸1.png
大きな耳が個性的です。

陶芸2.jpg
シンプルですが取っ手がしっかりとついています。






陶芸3.jpg
チンアナゴが水面から顔を見せる面白いデザイン。






陶芸4.jpg
白地に青のラインがおしゃれです。





陶芸5.jpg
3色の模様が可愛らしいお茶碗





陶芸6.jpg
アイスが溶け出しているような。
釉薬をぷくっと膨らませたこだわりの作品です。


たたら板で平皿制作です。
着色には伝統的な呉須を使用し、「和柄」をテーマに絵付けしました。


陶芸7.jpg

陶芸8.png




陶芸9.jpg






陶芸10.png


陶芸11.jpg